実践してみて効果があった恋愛依存症の3つの克服方法

どうも、ベニテングです。

私の今までの恋愛傾向として、恋人とは毎日通話したり、毎週土日会わなければいけないというほど、ベッタリな恋愛依存症でした。

そこから最近、なかなかデートして会うことが難しい自衛官の方とお付き合いすることになったのですが、不思議と不安や寂しさも感じずに、恋人関係を続けられています。

今回は元々恋人中心の生活だった私が実際にやってみて効果があった、恋愛依存症の克服した方法をご紹介していきます。

通信教育を受講する

本来であれば足を運んで料理教室やスポーツジムに通いたいところですが、コロナの中でなかなか行けません。

そこで私はいかに自宅で時間を潰せて、なおかつ、自分のためになるものを考えて、通信教育を受講するようになりました。

私はエンジニアですが土日をフルで時間使ってまで仕事内容に関わらるようなプログラミング等も勉強をし続けるのも億劫なので、今の仕事のと全く関係ない「栄養」や「美容」の通信教育を受講しはじめました。

人によってはビジネス商法だと言いますが、私は通信教育は何か新しい勉強を始めるのに素晴らしいステップにはちょうど良いかなと思っています。

毎週わくわくできるものを買う

私が恋愛依存症だったときは「恋人と一緒にいたい」「恋人と居れることが一番の幸せ」と常に考えていました。

一途なことって素敵なことだと思いますが、恋愛依存している方って彼氏のことしか考えられないと次第に気持ちが重くなってきがちなんですよね。

なので恋人と会ったり会話したりする以外にも、毎日、もしくは毎週のようにわくわくできるような予定を入れるようにしました。

私は恋人との用事ができても支障がないように「金曜日の夜に本屋にいって休日に読む本を買う」といった予定があります。

不安にならない相手と付き合う

どうしてもお付き合いしている相手が浮気性だったり、異性の友達との付き合いが多かったりすると、いつまでも恋愛していても心が休まって落ち着くタイミングありません。

なのでできるかぎり自分が不安にならない相手、たとえば定期的にスキンシップ等で愛情表現を伝えてくれたりする相手と付き合いえれば、自然と恋愛依存症がなくなっていきます。

まとめ

「重すぎる」と言われることが悩みだった私でも、上記の方法で自然とふつうの恋愛できるようになりました。

少しずつの意識でぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です