“未経験歓迎”というIT求人に騙されてはいけない理由をエンジニアが優しく教える

どうも、ベニテングです。

コロナ時期における就職や転職活動ってどうしても

「自分は正社員になれるだろうか」

「この先、ずっと食べていけるのだろうか」

漠然とした不安に駆られて焦りがちになってしまいますよね。

私も就職難民を一時期していたのでお気持ちは分かりますが、ただこれだけは言わせてください。

「未経験歓迎」だけはやめておけ

どうしても入社した後に精神ズタボロになって辛い思いをしたい超ドMでない限り、未経験歓迎と記載されている求人はおススメしません。

未経験歓迎の謳い文句に釣られて入社した後輩たちが入社して、それですぐに嫌になって続々と退職している離職率高いIT企業に勤めているので、よく内情を理解しているのです。

今回は未経験歓迎がどうしてもだめなのか、その理由について分かりやすくご紹介していきますね。

未経験歓迎と記載されている理由

経験者を雇うだけの魅力がない

IT経験者を雇うほどの魅力がなければ、未経験を雇うしかなくなります。

たとえば

受託案件を抱えている、自社開発をしている、魅力的な経営陣がいる、そういうのがなければ、IT業界で何年か経験してきた人たちはすぐに魅力のなさに気づいて求人を選びません。

実際に私が勤めている会社も求人情報にかけるような何かに特化した特徴もないので、他の企業とあまり大差がない求人票になってしまうのです。

できるだけ若くて体力のある人材がほしい

IT業界は定時ピッタリに帰れる現場ももちろんあります。

ただ繁忙期には残業が発生することが多く、とくに同じIT業界でもゲーム開発の現場ではよくある話です。

システム開発をリリースする前の直前とかは「デスマーチ」とも呼ばれ、エンジニアの皆さんがひぃひぃ涙目になりながら夜遅くまで仕事をしていたりします。

若いうちは体力もありガッツがあり、しかも経験者と比べて、お給料も安いのでなるべく、いかに少ない資金で多く残業をさせていかに会社に利益を生むかを、経営者視点で考えていたりします。

そのために未経験歓迎という甘い謳い文句で、IT業界を何も知らない若者たちを雇い入れているのです。

あぁ、恐ろしい…。

文系未経験でどしてもIT企業に入りたい場合

できるだけホワイト企業を狙おう

ブラックなIT企業に入社してしまうと、とにかく人材は金を稼ぐための道具として考えていないために、ひたすらエンジニアたちの精神力が病んでいき退社に追い込まれてしまいます。

私自身もブラック企業に入社したしまったせいか、入社1年目で知識や技術もない中で、いきなり通信系ののシステム開発に設計要員(上流工程)で放り込まれたりします。

案の定、毎日のように深夜まで残業していき、最終的には適応障害になってしましました。

出来る限り精神病になるまでにならない企業をなるべく選んで入社してください。

ITの勉強をしてから入社しよう

離職率高い企業の多くの場合はあまり人材育成に力を注いでいないケースが多いです。

入社してからは特に研修を受ける機会もなく、しかも毎日仕事で忙しいので、資格取得をしたりする時間も限られてきます。

そこでも皆さんが就職前に時間に余裕があるのであれば、独学でも良いのできちんとプログラミングやサーバーなどの勉強しておくことが良いです。

未経験歓迎の求人には「入社後に勉強してくれれば良い」とセットで書いてある場合も多いですが、実際には働いてみると知識がないとかなり苦労しますし、勉強量もとてつもなく多いです。

私もかなり心配性だったので、IT業界に入る前にプログラミングの勉強をしていましたが、本当にやっといて損はないなと感じました。

まとめ

どうしてもお金に困っているという場合であれば、IT企業に入ることも悪くはないと思います。

ITはむしろ人手が不足しているので、キャリアを何年か積んだら、わりと簡単に転職もできたりしたりもできます。

転職を前提にブラック企業に入社するのも、見方によっては悪くないかもしれません。

皆さんの人生なのでよく考えて、IT求人にご応募ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です