ブラックSES企業を思い切って辞めたらスッキリした

どうも、ベニテングです。

つい最近、ブラックSES企業をやめてきました。

コロナが流行していて仕事がいつなくなるかという怖さよりも、この先何年もずっとブラック企業に居続けることに怖さが勝ってしましました。

今回はブラックSES企業を辞めるまでの経緯などを実体験を元にお伝えしていきます。

ブラックSES企業を辞めた理由

社員を馬鹿にしている発言が目立つ

営業の人たちのエンジニアに対する発言、たとえば「社員全員バカだから」「あのブスの何がいいのか?」と言った具合で明らかに見下していて小バカにしているように思えました。

エンジニア本人がいない場所で、不快になるような言葉が飛び交っていますが、周りの(まともじゃない人)達は「ただの関西ノリだから」で片づけています。

いや、明らかに悪口でしょってツッコミたくなります。

私自身、もしも仕事で何かやらかしたら裏で「あのどんくさいやつ」って言われるのが目に見えているので、とにかく会社の人間のほとんどは信用できませんでした。

昇進している人たちがゴマすり

ワンマン経営にありがちなのが上層部にゴマするのがうまい人間がどんどんありえないスピードで昇進していくということです。

仕事をいくら頑張ろうが結局は、上層部に気に入られているか気に入られていないかで決まってくるので、資格取得等のモチベーションも何もかも湧きませんでした。

うなぎ登りで大出世した人は呑み会などで役員の隣の席をずっとキープし続けているような人で、私にはあまりにも気持ち悪くて、絶対に真似できません。

その会社で昇格/昇進は完全にあきらめることにしました。

ブラック企業を退職した後

社員のほとんど連絡削除してスッキリ

私は退職する際に「退職代行サービス」を使たので、ほとんど会社の人と関わらずに退職することができました。

一部の社員の人を覗いてほとんどの人が信用できないので、連絡先を消して関係を断ち切ってみると、まるで汚物を捨てるかのよう、全てがスッキリしました。

会社の人間とのやり取りはプライベートでもLINEでやっていたので、休日の日にも会社からのメッセージがきて、休まる時間がありませんでした。

一応、会社に対して「slack使いましょう」と代案も出しましたが、全て却下されました。IT企業なのに…。

怯える日々がなくなった

私は出勤する度にいつも緊張していて怯えていました。

「挨拶を返されなかったらどうしよう」

「上司からバカやブスって言われたらどうしよう」

電話越しに上層部をやり取りを、私のことをよく知人に聞かれたときに「怯えすぎ!」「震えすぎじゃない?」と言われていました。

まとめ

退職をしたおかげで今まで抱えていたものが全てなくなり、体調不良や精神的不安が一気に片付きました。

コロナの時期で転職活動をするという苦労もありますが、これから先の「自由」を手に入れたので今ではかなり将来に対して前向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です