ブラック企業を退職代行サービスを使ってもなかなかやめれなかった話

退職代行サービスを利用した理由

後輩が会社から口止めされていた

後輩がコロナウイルスにかかった際に会社側から激しい罵りを受けたうえで、自主退職を促されたという話がありました。

ここまでの内容はこのコロナのご時世、わりとどこの企業でもある話だと思います。

ただ私が勤めていた会社では、コロナウイルスにかかったこと、モラハラで脅されたこと、自主退職を促されたことを全て口止めをすべて口止めされていたということです。

口止めをされて社内に味方をほとんどなくした後輩は、精神的に病んでいき最終的には弁護士を通して会社側に訴えたようです。

第三者の話とはいえ、この隠ぺい体質が原因だとわかった私は会社に対して、嫌悪感と恐怖心を覚えるようになりました。

隠ぺい体質×モラハラに恐怖

精神的に追い込まれた後輩の話を思い出すたびに会社が怖くなり、なかなか平常心で働き続けるのが難しくなりました。

それなのに関わらずテレワークを一切導入せずに、通常出勤を強いられて耐えられませんでした。

従業員同士で後輩の話がじわじわと風の噂で広まるようになり、少しずつじわじわ退職希望者が増えていきました。

まともな人間はすぐにやめるような会社です。

退職代行サービスを使ってもダメだった話

本人からの証拠がないと離職票も渡さないと

後輩のように自分も精神的に追い込まれるようなことを避けたかった為に、退職代行サービスを使いました。

「退職代行サービスを使えば簡単に辞めれるはず」

と思っていましたが、そううまく行きませんでした。

基本的に会社からのやり取りは退職代行サービスが仲介役として行ってくれるシステムなので、退職サービス側からも 「電話もメール対応も会社から来ても対応しなくて良いです」 と言われています。

会社側からは

「退職者本人からの証言がないと離職票等も渡さない」最後の最後までブラックっぷりを発揮してくれました。

二度と会社と接点を持ちたくありませんでした。

ですが

私から会社に連絡を取らない限り、ハローワークにいって失業保険をもらったり、次の会社する為の準備の話がなかなか先へ進みそうにありませんでしたので、仕方なく私から連絡をメールで1通だけ送りました。

退職代行サービスには何も恨みはなく、会社側の体質にたいして心の底から嫌気がさしそうになりました。

え、高い金払ってやめる意味…。

社内用のメールアドレスを使うように

仕方なしに個人用のメールアドレス(捨て垢)を使って退職する旨を送りました。

会社から返ってきたメール内容が

「なりすましかもしれないから、社員用のメールアドレスを使わないと辞めれない」

社員用メールアドレスはすでに、退職代行サービスを使って退職する予定だったので設定を解除していたので困りました

というより前提条件として、

私はそれまでに会社に対して保険証を返したり、いろいろ手続きを済ませいたので、さすがにここまできて「なりすまし」の可能性を考えられるのは予想外でした。

引き留めたいんだろうが、無理だよね

まとめ

退職代行サービスを使ったとしても、会社側と一切、連絡とらなくても良いとは限りません。

ただサービスを使わないと精神的にもっときつかったと思うので、私はお金を払ってでも利用して良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です