SESエンジニア1年目だった私が炎上案件にぶちこまれた適応障害になった話

どうも、ベニテングです。

Typeやマイナビ等の転職サイトにて、IT系の求人票を眺めていると以下のような文章やキャッチフレーズを見かけます。

「未経験歓迎!最初は簡単なお仕事からお任せします♪」

…私は残念ながら、SES×IT×ブラック企業の経験者なのでそのような甘い言葉には二度と、一切、信じるつもりもありませんし、信じていません。

というのも私の場合、IT業界で未経験のエンジニアとして入社してから1カ月目し、初っぱなから深夜まで残業させられて休日出勤で最終的に、適応障害という精神病にも患ってしまいましたのです。

これからITを志す方のために、私はありのまま起こったことをお話しします。

炎上案件について

1つ目:ひたすらコピペする仕事

みなさんはエンジニアの仕事はどのようなものを想像しますか?

たとえば

  • プログラミングをごちゃごちゃ考えたり
  • サーバーをかちゃかちゃいじったり

いかにも専門的なことをするイメージが強いかもしれません。

実際のところ

会社にもよりますが、未経験でIT業界に入った場合には簡単な雑用に近いような仕事、たとえばヘルプデスクやテスターから入ることが多いようです。

私が一番最初に入った現場は

ひたすら文章をコピペする仕事でした。

本当にコピペするだけの簡単なお仕事です。

具体的な内容は守秘義務でいえませんが、工場の流れ作業のように一日中、コピー(ctrl+c)して貼り付け(ctrl+v)の繰り返しで、これだけの仕事内容をみると無意味にも見えますが、ショットカットキーを使うのがめちゃくちゃうまく成ります。

正直、バカでもできるような誰にでもできる簡単なお仕事ですが人手が足りずに現場に入ってから2週間後、休日出勤や深夜残業を早くもお願いされました。

私もこの先この業界でやっていけるか不安でしたし、家族から「その会社大丈夫か?」って心配されましたが、根性と気合でなんとか繁忙期を乗り越えました。

大丈夫だ、問題しかない。

2つ目:基本設計、詳細設計

1つ目の現場は体調を崩すことなく、契約期間を無事終えることができました。

自社の営業に対して「正直、もう少しレベルが良い」とお願いしたところ、2つ目の現場ではいきなり某システム開発の基本設計と詳細設計を任されました(笑)

1つ目の現場:コピペのクソ簡単な誰にでもできる仕事

2つ目の現場:何をやっているのか解読できない某通信系開発の設計

ってレベル上がる過ぎじゃない!?

しかも驚くのはまだ早い!

3か月以上進捗が遅れている

超超超絶炎上案件でした。

未経験だし、開発の現場はじめてだし、通信系とか知らんし、とにかく何もかも良く分からないまま、プロジェクトリーダーから言われるまま。

毎日のように深夜0までの残業を強いられました。

私を含めてメンバーは一応、終電で帰ることはできましたが、リーダークラスの人たちは朝の10時から夜中の3時まで仕事していました。

・・・一体、いつ寝てるんだろうというブラック現場でした。

ありえない職場環境だと思うかもしれませんが、IT業界ではわりとあるある話で、特にゲーム開発の開発現場の繁忙期では深夜残業(朝まで)がデフォルトなのが当たり前のようです。

わりとよくある話なのが世も末って感じですね。

適応障害について

数ヶ月間寝れない日々が続いた

入社してから3ヶ月以上も不規則な生活が続いて、最初のうちは若さと根性でなんとか乗り切れると思ったんですが、日に日に精神的におかしくなってきました。

職場内だけでなく、通勤時間や朝起きた瞬間から

腹痛、動悸、立ちくらみ

+会社にいるだけで涙が止まらなくなる

軽い鬱初期症状でした。

自分ではまだ耐えれる耐えれる!と思いながら、周囲の人間から明らかに様子がおかしいと体調やメンタルを心配されました。

精神科にいったところ「適応障害」と診断されました。

・・・適応障害になったら医者から診断書を貰えて、普通の会社であれば診断書を提出するだけで休職できて、仕事に行かなくてよくなります。

安定している現場へ…

適応障害になってから現場を休んで数週間ほど休職し、自社からも「同じ現場でもう働かなくて良い」とのことで、炎上案件だった現場からは無事退場することができました。

休職してから仕事復帰できるかどうか非常に心配でしたが、体調やメンタルが落ち着いてから、テスターとして稼働が安定している現場に移ることができました。

適応障害が再発することなく、1日8時間労働で無理なく働けました。

あの時の苦しさは二度となかった

適応障害になった私からSESエンジニアの皆さんに言えることは

SESエンジニアは給料がそんなに良くないからこそ、もっと仕事内容の我儘を言おう!

言わないと自分が損するし死ぬ!

ということ。

入社してばかりはガッツがあってどんな案件がきても引き受けていました。

今では会社の利益がどうこうというより、自分の体調面を大事にするようにしているので、かなりSES営業に対してはワガママで「下流でも良いんで安定している現場」が良いと要望を言うようにしています。

おかげでエンジニア3年目ですが、入社当初のような炎上案件に入れられたことは二度とありませんでした。

もう会社の利益とか知らん。

社畜エンジニアよ、もっと自分の為に生きよう!

まとめ

SESエンジニアは現場次第、気をつけよう

エンジニアになってからどのような仕事に入るか、どのような職場環境次第は運で決まります。

現場次第だからこそ「稼働が高ければ減らしてもらおう!」「それで働いてみてダメならやめよう!」という精神じゃないと、自分自身が壊れて損するので、ヤバそうになったら会社に相談してください。

最終的には転職も視野に

どうしても会社がブラックでエンジニアよりも利益優先で話にならそうなのであれば、転職すると良いでしょう。

個人的には転職エージェントを利用することによって、給与の交渉しやすくなったり、職場の離職率が明るみになりやすいのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です