低学歴で学歴コンプを持っている私が高学歴集団に囲まれた環境で仕事してみて変わったこと

私は某Fランク卒業です。

Fランには人権ない、死ぬしかない・・・と思っていた時期もありましたが、ひょんなことから、エリート高学歴が集まるような団体に所属することができました。

今回は低学歴が運(あと人徳?w)だけで高学歴集団と一緒に仕事をする環境で思ったこと、分かったことを書いていきたいと思います。

学習意欲が格段とあがる

差埋めるための努力に勤める

元々所属していたブラック企業ではよっぽどレベルが低いのか・・・会話する内容が「下ネタ」「風俗」「ギャンブル」だとか、明らかにセクハラになるような話を平気でしていました。

・・まぁ、私も低学歴だし、こんなもんだろうと訴えたり、何もしませんでした。

打って変わり、高学歴が集まる環境では政治政策の話であったり、仕事に関わる技術的な話であったり、とても知的で品性が溢れるような話題になりました。

同じ日本人なのに関わらず私はおつむが弱いので、「やばい・・・この人たちは何語を話しているんだろう?」と理解に追いつけないときもありました。

ただ分からないからこそ、理解できるように毎朝新聞を読んだり、テレビ番組で「池上彰の学べるニュース」だとか、頭よさそうなコンテンツを見るようになりましたね(笑)

学歴コンプが薄まる

性別が違うだからこそ競争心がない

私が所属している団体がほとんど男性ばかりということもあって「競争心」がなく、むしろちやほやされることが多いです。

むしろ学歴に関するようなマウンティングもなく、私から聞かない限り、周囲の学歴を知らなかったくらい自分自身のステータスをひけらかす人もほとんどいませんでした。

これがもし同性となると、競争心だとかで変わってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です